競馬予想ブログ

オリジナル指数で中央競馬・地方競馬の予想をしているブログです。穴馬探しにお役立て下さい。

最近の高額的中
2017/8/27札幌12Rワールドオールスタージョッキーズ第4戦3連単196万2660円
2017/7/23函館12R潮騒特別3連単16万6180円
2017/7/16函館11R函館記念3連単91万5320円
2017/6/25函館11RUHB杯3連単42万6680円
2017/6/25函館10R奥尻特別3連単27万5500円
2017/5/13新潟12R石打特別3連単11万5470円

【競馬予想】京成杯AHとセントウルSなどWIN5対象レースの予想【2016年9月10日】

WIN5対象レースは、

木更津特別

西宮S

ながつきS

セントウルS

京成杯AH

となっています。

 

木更津特別

1000万下クラスのハンデ戦に10頭が登録。メンバーを見ると3歳勢で良さそうです。◎はドーヴァー。チェッキーノやアーバンキッドなど重賞級の馬と競馬をしてデビューから連勝した実力は本物。前走もロワアブソリュー相手に頑張れていたので調子も良さそうなので期待したいところです。○はアッラサルーテ。同型がいるので今回は前方を見ながらの競馬になりそうですが開幕週なので前に行けるだけでも印象が良くなります。52kgで戸崎騎手なので人気もするでしょうし印は落とせません。▲はキャプテンぺリー。あと1kg軽かったら良かったと思いますが重賞でも0.5秒差で走れているので今回のメンバーなら良いところまでいけるかもしれません。△はヨイヤミ、カトルラポール、カシノピカチュウ。馬券は馬連流し◎から5点。WIN5は2頭で良いと思います。

西宮ステークス

1600万下クラスの定量戦に8頭が出走。降級のブラックムーンが人気を集めるはずです。◎はやはりブラックムーン。既にこのクラスを勝ちあがっている実績も走ですが、以前から競馬をしているメンバーが強力。ダノンリバティーやガリバルディーなど重賞級と接戦をしており、今回の相手では一際抜きん出た存在です。○はカバーストーリー。土曜に2歳未勝利で1分46秒2が出る高速馬場なので、2走前の垂水Sの内容から上位争いが出来ると思います。▲はシャドウダンサー。毎回良い脚を使って届かないという典型です。瞬発力勝負には強そうなので今回も走ってくると考えています。△はグッドスピリッツとブレイヴリー。馬券は馬連流し◎から4点。WIN5ブラックムーン1頭で良いと思います。

ながつきステークス

1600万下クラスの定量戦に16頭が出走。このレースはちょっと難しいですが、前走が越後Sが良いと思っています。◎はモルジアナ。前走は負けていますが基本的に実力はオープンでもやっていけると見ています。降級で案外な走りでしたが人気が落ちるなら歓迎といったところです。○はモンテネオ。春風Sでモルジアナ相手に0.5秒差4着と好走しており一変してくるかもしれません。▲はパイメイメイ。前走から3kg増と当てにならない脚質で連続好走にはちょっと疑問符が付く所ですが好調そうなので一応。△はスマートアヴァロン、マシェリガール、サトノネプチューン。馬券は馬連で。WIN5ならモルジアナ、モンテネオ、スマートアヴァロンの3頭が良いと考えています。

セントウルステークス

G2に13頭が出走。サマーの最終戦を意識する陣営とスプリンターズSへの始動戦と位置づける陣営に分かれているので以外な決着も想定できるけど、メンバーは現状スプリント路線のトップクラスが揃った面白いレース。◎はビッグアーサー。出来に関して色々問題視されてはいるものの、問題ないでしょう。個人的な考えですが強い馬の仕上がり途上は、格下の馬の絶好調に等しいものだと思っています。このレースに万全で出てくる必要は全くありません。オッズが付くのは歓迎する口です。○はエイシンブルズアイ。以外にポカが多いのが気になりますが能力は評価できます。巻き返しに期待したいところです。▲はダンスディレクター。こちらは流石に出来が気になるのでこれ以上は評価できません。脚元に不安があるので回ってくるだけかもしれませんが重賞では本命にしたことしか無いので期待はしています。△はティーハーフスノードラゴン、アースソニック。馬券は3連単フォーメーション。1着は◎○▲で2着以下は6頭の60点。WIN5は3頭で考えています。

京成杯オータムハンデキャップ

G3のハンデ戦に15頭が出走。基本は荒れる重賞なので期待してしまうところですが、実力差があるのでそうはいかないかもしれません。◎はロードクエスト。2歳の頃からそうですがマイルのレースでは絶対に終いで伸びてきています。正直NHKマイルは勝つと思っていたので残念な結果でしたがこのメンバーで55kgなら楽でしょう。○はクラリティースカイ。勝から遠ざかって久しいですが、前走の内容は復調気配にあることが伺えるものでした。ハンデも近走成績からは.5おまけしてもらえたようなので狙ってみたいですね。▲はダノンプラチナ。どこまで復調しているのかわからないけど、去年の富士Sでのパフォーマンスが圧巻の内容で、力はG1で勝負できるレベルです。△はカフェブリリアント、ダノンリバティー、ダイワリベラル。馬券は3連単フォーメーション。1着は◎○▲で2着以下は6頭の60点。WIN5は5頭と多く見ます。

WIN5は2x1x3x3x5の90点。