競馬予想ブログ

オリジナル指数で中央競馬・地方競馬の予想をしているブログです。穴馬探しにお役立て下さい。

最近の高額的中
2017/6/22船橋10Rパール賞3連単28万7750円
2017/6/4阪神3R3連単11万1070円
2017/5/14新潟1R3連単15万6270円
2017/5/13新潟12R石打特別3連単11万5470円
2017/4/9福島6R3連単94万6950円
2017/4/8中山8R3連単14万5060円
2017/4/2中山6R3連単19万6730円

【スプリンターズS・シリウスS】ようやく始まる私的秋競馬【競馬2016】

まずは日曜日の結果です。

甲東特別→ハズレ-4000

芙蓉ステークス→3連複的中-2680

ムーンライトハンデキャップ→ハズレ-4000

外房特別→ハズレ-4000

神戸新聞杯→ハズレ-4000

オールカマー→ハズレ-4000

合計は-2万2680円でした。

土曜はそこそこだったのですが日曜は大敗に終わってしまいました・・・。先々週の結果から導き出した「軸を決めない買い方」で今週はボックス買いにしましたが完全に裏目に出てしまいました。競馬をやっていると良くあることなのですが、やはりショックはあります。土曜は本命を打って1着になったのはレイズアスピリット(850円)、ジューヌエコール(260円)、ミエノサクシード(300円)、後サウススターマンが2着で4頭が連対しました。日曜は1着はナガラフラワー(820円)、サトノダイヤモンド(120円)、2着がレジェンドセラーでした。特に単勝の成績が自分でも驚くほど良く、また先々週やっていて馬連流しでも回収率100%以上を達成できていたので、日曜17時からはやっぱり反省タイムになってしまいました。馬券というのは不思議と「流れ」があるもので、悪い時があれば必ず良いときも訪れます。ですので、一喜一憂しつつ以前の記事に書いたとおりしばらくはボックス馬券を継続したいと思います。

さて、話を変えますと、今週はG1スプリンターズステークス凱旋門賞があります。人それぞれあると思いますが、やはり競馬で秋を感じるのはこの週からです。9月中は気温が示すとおり、まだまだ「残暑」ですのでいまいち身が入らないのです。10月の東京と京都開催にはいると古馬王道路線のメンバーも続々と復帰してきますし、新馬戦も賑わいを見せてきますし楽しみが大きくなる時期です。さらに、今年から大きなレース限定ですが海外競馬の馬券発売が開始され、その最初が凱旋門賞であり、しかもダービー馬マカヒキが出走するのですから、競馬を見る人間の一人として心踊らないはずがありません。ここから深まっていく秋を今年も楽しんで行きたいと思っています。

スプリンターズステークス

20頭が登録していますが、アクティブミノル、ナックビーナス、ラヴァーズポイント、ワキノブレイブが除外予定となっています。話題の中心はもちろんビッグアーサーです。前走のセントウルステークスで唐突に逃げの競馬をして快勝しましたが、正直驚きました。暴走を抑えられなかったとの見解があったりしますが、個人的にはあれで良かったと見ています。休み明けで出来が不安視され単勝2倍もつけたレースで、開幕週だったとは言え前半を33.1のハイペースで逃げ1馬身他馬を放して完勝した潜在能力は賞賛すべきものです。また、自らレースを作ることが出来ることを示したことで、他陣営の方がレースをやりにくくなったと考えています。意外な事にサクラバクシンオーの産駆はスプリンターズステークスの勝利がありませんが、この馬が初勝利をもたらすと確信しています。2着以下をどう考えるのかというと、そこは穴党として是非とも当てたい所です。スプリンターズステークスはかなりの確率で紛れが生じます。前走で後ろからの競馬をしていた馬が一段前のポジションで競馬をしたケースで穴が出たりしているのので、前走中団より後ろで競馬をしていた馬には注意しておきたいところです。セントウルステークスからならティーハーフ、ウリウリ、ダンスディレクターレッドアリオンキーンランドカップからはレッツゴードンキが当日内枠になれば面白そうな存在だと思います。

シリウスステークス

登録は13頭と少な目ですがかなり面白いメンバーが揃っています。3歳からはジャパンダートダービーを勝ったキョウエイギアが出走します。一応、G1馬なのでハンデは56kgとかなり盛られてしまっています。JDD先輩のカゼノコの先例が有るので強いかどうかはやってみないと分かりませんが注目はしています。それ以上に気になるのは、やはりアポロケンタッキー、ピオネロ、マスクゾロの3頭。アポロケンタッキーは2000m以上ならG1でも勝負できそうな印象を持っています。オープン特別を2勝しているだけなのに、G1実績のあるカゼノコと0.5kgしか変わらない57.5kgを付けられてしまいましたが上手く賞金を加算して東京大賞典に出てきて欲しいです。ピネオロはダートに路線を変更してから2連勝と絶好調です。正直、重賞だとまだ力不足かと考えていますが、ベルシャザールの先例が有るので一気にG1まで登り詰める可能性があるので期待しています。マスクゾロは前走を大勝していますが、こう言ってしまうのは流石に酷なのかもしれませんが、相手が弱すぎるので今回が本当のオープン初戦といった感じで見ています。ただ、いづれ重賞で勝ち負けする存在に成長するでしょうし試金石の一戦でも良い競馬を期待しています。阪神ダート2000は特殊なコース形態なので前半が早くなりやすく差し馬に有利なコースと考えるのが一般的です。なので、穴なら軽ハンデの追い込みが良いかもしれません。トラキチシャチョウ、ミツバ、トウシンイーグル辺りは面白そうな気がします。

先週の芝傾向

中山は合計12レースで使用しました。開催が進んできたこともあり、差しが効くようになってきてはいますが、まだ依然として前目に付ける馬が優勢となっています。4コーナーを先頭で通過してきた馬の複勝率は0.417と高水準です。枠に関しては流石に最内が痛んできているのか、1と2枠の複勝が少なくなっています。ただ、全体的には良い状態で来ているのでそこまで内と外の差は大きくありません。ですので、来週が最終週となりますが大外一気の差しが決まるようになることは無いと予想できます。中団で競馬が出来るタイプが中心となりそうです。

阪神は合計12レースで使用しました。2週続けて雨の影響を受けた為、内馬場が痛んできてるようです。4コーナーを先頭で通過して来た馬の複勝率は0.167と低迷しています。枠も1と2枠は1勝も出来ませんでした。5枠から外が12レース中10勝を挙げています。今週は開催最終週らしく、さらに外からの差しと追い込みが効くようになると予想できます。