読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬予想ブログ

オリジナル指数で中央競馬・地方競馬の予想をしているブログです。穴馬探しにお役立て下さい。

最近の高額的中
2017/4/9福島6R3連単94万6950円
2017/4/8中山8R3連単14万5060円
2017/4/2中山6R3連単19万6730円
2017/3/26中山11RマーチS3連単46万6890円
2017/3/25中山11R日経賞3連単16万7310円
2017/3/15船橋7R3連単17万9830円
2017/3/12中山1R3連単39万4440円
2017/3/11阪神9Rゆきやなぎ賞3連単18万2330円
2017/3/6大井6R3連単18万0320円
2017/2/28川崎1R3連単11万2920円
2017/2/27川崎12R春麗特別3連単16万3970円
2017/2/19小倉12R紫川特別3連単13万5820円
2017/2/19小倉10R小倉城特別3連単12万9780円
2017/2/18京都6R3連単12万9210円
2017/2/18小倉3R3連単12万3890円
2017/2/16大井2R3連単12万5800円
2017/2/12小倉8R3連単70万1190円
2017/2/12東京5R3連単22万9340円
2017/2/12京都4R3連単10万7980円
2017/2/11東京12R3連単50万1320円
2017/2/10船橋3R3連単12万3090円
2017/2/7船橋7R3連単16万2680円
2017/2/3川崎12R銀嶺特別3連単48万5930円

【凱旋門賞・スプリンターズS】もし24時間365日馬券が買えたら・・・【2016予想】

土曜日の結果は-2万1760円です。負けを悔いるよりも明日が楽しみなので振り返る気もありません。

遂に海外のレースの馬券をJRAで買える日がきました。今はまだG1レースの中でも注目度の高いレースや、発売もPAT会員に限定されていますが遠からぬ先の話として門戸を広げる日が来るかもしれません。もし、24時間営業の国内海外場外馬券購入施設などというものがオープンしたらと考えると・・・。面倒なのでとりあえず明日のレースに集中することにします。

兵庫特別

芝2400のハンデ戦に13頭が出走。以前の記事にも書きましたが菊花賞に向けて3歳に注目のレースです。と考えていたのですが、メンバーを見る限りでここを勝って菊花賞で!と思わせる馬はいないように見えます。

本命はエトランドル。去年のこのレースで着差無しの3着があるので問題ないと思います。

対抗はケージーキンカメ。去年中央に移籍して今年の3月からずっとレースを使っていますが、疲れも無く元気だと思います。前走はノガロが4馬身0.7秒後続を突 き放したレースなので、この馬自身のレース内容は相当前進したもので良い内容だったと見ます。今回も前回同様に前半よりは後半に重点を置いたこの馬の差し 足を生かしやすい展開になるでしょうし、前回より4kg減の53kgなら好勝負ができると思っています。

単穴はスリーヴぇローチェ。以下、ヴォージュ、サトノエトワール、デンコウインパルス。

サフラン

芝1600の牝馬限定に12頭が出走。新潟2歳ステークス4着のアピールバイオがいるので簡単そうなレースに見えます。

本命はアピールバイオ。前走は新馬同様に先手を取るレースで最後は切れ負けする形になってしまったものの、4着なら最良の結果といえるはずです。相手が随分楽になるので勝ち負けになるのは必至だと考えています。

対抗はクイントゥープル。この馬も前走が新潟2歳ステークスでアピールバイオ同様に切れ負けしたように見えます。上がりが掛かる中山なら巻き返しがあると思っています。

単穴はアエロリット。母アステリックはスプリンターズステークスに出走するミッキーアイルの母スターアイルの半妹に当たるので親戚関係になります。新馬で負かしたダイイチターミナルが小倉2歳ステークスで2着になるなどレベルの高いレースを快勝してきているので素質は高いと思います。

以下、キューバンマンボ、カリビアンゴールド、アンバーミニーを買い目に入れます。

道頓堀ステークス

芝1200に16頭が出走。現級のメンバーは頭打ちの馬が多く1000万下からの昇級組みでも戦えるように見えます。特に3歳勢がどのくらいまで走れるのか注目です。

本命はオーヴィレール。瀬戸内海特別で負かしたピンストライプは降級組みではあったものの1600万下でも上位の馬だけに大きな勝利だったと思います。1800でデビューしを勝利してこのところ1400まで距離を短縮して開花してきていますが1200への適応が課題かもしれません。それでも、今の馬の状態ならこなせそうなので期待しています。

相手はフィドゥーシア。休養明けで降級戦だった前走を勝利しているので、確実に馬の状態は前回以上になってくるはずです。1600万下では2走してどちらも少差での敗戦なので力はあるので今回のメンバーならチャンスが有ると思っています。

単穴はメイショウブイダン。4走前の浜松ステークスでローレルベローチェと走っていますが良い内容だと見ています。7ヶ月ぶりの前走でも0.5秒差と走れているので状態に問題が無ければ今回は勝ち負けになってもおかしくないと思っています。

以下、レーヴムーン、クリノタカラリャン、デンコウウノに印を打ちます。3歳で連勝中のキーナンバーについては強い可能性がありますが今の所持ち時計が無いので様子見です。怖いのはイッテツですが洋芝巧者と考えています。

勝浦特別

芝1200のハンデ戦に16頭が出走。直後のスプリンターズステークスと同じコースを使うので馬場傾向を見るために注目したいレースです。メンバーはトップハンデでもペイシャオブロー56kgなので混戦となっているので難しいところです。先週今週と買う予定は無いWIN5ですが買う人はここが正念場になりそうです。

本命はダノンアイリス。前走の驀進特別のダンシングワンダーとレッドラウダは別格だったので事実上はこの馬が1着だったと考えて良いと思っています。馬体重も増えてきてどんどん馬が良くなってきている上に、今回は斤量が52kgと少々おまけしてもらえたようなので期待できると思います。

対抗はハピネス。去年の12月から数えてこのクラスで2着が4回ある実績上位の存在です。その中でも現オープンクラスのクリスマスとメラグラーナと戦って好勝負が出来ているので上のクラスでも通用しそうな力は持っていそうです。成績にやや斑があるのが気がかりですが外せません。

単穴はサーストンコラルド。このクラスで限界になっていますが距離短縮で初めての1200が良い方に出ればと思っています。

以下、タカラジャンヌ、アペルトゥーラ、オートクレールに期待します。ペイシャの2騎は時計の出る馬場が合うのか疑問があるので切ることにしました。

ポートアイランドステークス

芝1600に14頭が出走。これこそG1の裏開催であることを印象付ける感慨深いメンバーです。その中に3歳馬ブラックスピネルがいることで馬券が検討しやすくなるのが唯一の救いでしょうか。

本命はブラックスピネル。ラジオNIKKEI賞では57kgトップハンデや大外枠からの発走でスタートで出負けしてしまい後方から、直線でも大外を回されえる厳しい競馬となってしまいましたが5着0.3差まで追い上げたのは見事でした。勝ったゼーヴィントはセントライト記念ディーマジェスティに最後まで食い下がるほどの馬でしたので高レベルの一戦でした。初のマイル戦になりますがスタートさえ決まれば54kgなので楽勝だと思います。

相手はクラリティシチー。ダービー卿チャレンジトロフィーでモーリス相手に2着を確保していた頃は今の姿を想像することは全く出来ませんでしたが、こうなってしまった以上こつこつ出直してもらいたい所です。休養を入れて変わり身に期待すます。

単穴はマイネルホウオウ。長期休養明け後は低迷していましたが、最近は随分走れるようになってきています。去年もこのレースで好走しているのでそろそろ復活があっても良い頃かもしれません。

以下、メイショウヤタロウ、テイエムイナズマシベリアンスパーブに印を打ちます。

マテンロウボスやゴールデンナンバーなど馬券の相性が悪い馬が多いので自信はありませんが当たれば高配当になるはずです。

スプリンターズステークス

芝1200に16頭が出走。現状考えられる最高のメンバーが揃ったと思います。前売りを見てもやはりビッグアーサーが抜けた人気となっているので馬券検討は楽になるかもしれません。

本命はビッグアーサーセントウルステークスの逃げに関しては各所から疑問の声が出ているようですが、気にする必要は無いと思っています。高松宮記念を勝つ以前はそもそも前を行く馬を捕まえ切れなかったことが原因でなので競馬の幅が広がった程度にプラスで考えておけば良いと思っています。問題は、悪くなり始めている内の芝を走らなければならない1番枠を引いてしまったことかもしれません。どこで外に持ち出すのかが課題ですが馬券外になることは無いと見ています。

対抗はブランボヌール。前走は今まで減っていた体重を戻してきたことが一番良い材料だったと思います。デビューから18kg減らしていたので+20kgだったことは安心材料です。余裕残しでも勝ちきってしまうほどパワーアップしているようでこれも良い材料です。3戦3勝の1200で53kg、叩き2走目と悪い点はありません。

単穴はソルヴェイグ。この馬も前走は少し余裕残しだったので侮れないと思っています。

以下、ミッキーアイルスノードラゴン、ウリウリを狙ってみます。レッドファルクスが人気になっていますがもう少し実績が欲しいので今回は見送ります。ダンスディレクターは強いのですが脚元が怖いので無理はしないで欲しいと思います。

凱旋門賞

芝2400に16頭が出走。直前に有力どころが回避したりしていますがそれなりのメンバーが揃っているように見えます。海外は普段から見ないのでよく認識できませんが、レーティングは持っているようです。

本命はポストポンドドバイシーマクラシックは映像で見ましたが強かったです。抜け出す脚が早いのが印象的でした。その後も負けないで7番ゲートと良い位置からスタートできるので力は出せると思います。

対抗はマカヒキ。当然応援していますが馬券は厳しくいきたいと思っています。この馬には早い馬場のほうが良いのでしょうが、現地に詳しくないのでわかりません。14番ゲートからのスタートなので位置取りが後ろになってしまうので厳しい競馬になりそうです。

単穴はファウンド。以下、ハーザンド、シルバーウェーブ、レフトハンド、ハイランドリールまで。ブックメーカーの人気上位ばかりなので目新しさありませんが、実力差がありますのでこれ以下の人気が来るなら諦めます。ニューベイは今年は難しそうに見えますがブックメーカーのオッズだと人気なので若干気になります。

馬券の買い方

3連複6頭ボックス20点×200円を継続しています。スプリンターズステークスは1000円にします。凱旋門賞は3連複1頭軸ポストポンドから15点×3000円で秋競馬の開幕を楽しみたいと思います。