読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬予想ブログ

オリジナル指数で中央競馬・地方競馬の予想をしているブログです。穴馬探しにお役立て下さい。

最近の高額的中
2017/4/9福島6R3連単94万6950円
2017/4/8中山8R3連単14万5060円
2017/4/2中山6R3連単19万6730円
2017/3/26中山11RマーチS3連単46万6890円
2017/3/25中山11R日経賞3連単16万7310円
2017/3/15船橋7R3連単17万9830円
2017/3/12中山1R3連単39万4440円
2017/3/11阪神9Rゆきやなぎ賞3連単18万2330円
2017/3/6大井6R3連単18万0320円
2017/2/28川崎1R3連単11万2920円
2017/2/27川崎12R春麗特別3連単16万3970円
2017/2/19小倉12R紫川特別3連単13万5820円
2017/2/19小倉10R小倉城特別3連単12万9780円
2017/2/18京都6R3連単12万9210円
2017/2/18小倉3R3連単12万3890円
2017/2/16大井2R3連単12万5800円
2017/2/12小倉8R3連単70万1190円
2017/2/12東京5R3連単22万9340円
2017/2/12京都4R3連単10万7980円
2017/2/11東京12R3連単50万1320円
2017/2/10船橋3R3連単12万3090円
2017/2/7船橋7R3連単16万2680円
2017/2/3川崎12R銀嶺特別3連単48万5930円

【毎日王冠・京都大賞典】3日間開催復活!も・・・【競馬2016】

まずは先週の結果なのですが・・・。

土日で11万やられてしまいました・・・。どうしよもなく当たらなくなってしまっている己の下手くそさに絶望するばかりです。重賞は買いますがそれ以外は買えないので、せっかく3日間あっても何ともなりません。

スプリンターズステークスはレッドファルクスが差し切りで勝ちましたが強かったと思います。ミッキーアイルソルヴェイグシュウジが2から4着となる前残りのレースを余裕の手応えでまとめて差しきる見事な末脚でした。正直、何故3番人気なのだろうか?と疑問を持っていましたが前走で素質を見出した方々が多かったんですね。御見逸れ致しました。本命だったビッグアーサーは直線で進路が全く見出せず、見せ場無く完敗でした。物議を醸す負け方のようですが、これも競馬なのだと思って潔く諦める一般消費者です。パドックから本場場と気性が爆発していましたし輪乗りも最後に少し混じった程度だったので、道が開いたとしても伸びきれず勝つことが出来なかったと思っています。

凱旋門賞はファウンドが優勝しました。最後の直線で進路が空いた瞬間からの切れが流石でした。2着には最後までじわじわとしか伸びなくて脚が少し余ってしまったハイランドリール、3着にはオーダーオブセントジョージが来てJRAの払戻が3連単38万となりました。本命のポストポンドが5着になってしまったので馬券はあえなくハズレになりました。オーダーオブセントジョージはステイヤーだと思って切ってしまいましたが、2分23秒6の高速決着に対応できる辺りは陣営の凄さを目の当たりにした感じです。マカヒキは直線で突然失速して初となる大敗となってしまい残念です。外外を通らなければならなかった等理由も有るのでしょうが、それにしても負けすぎの感があり今後が少し心配になります。私的な見解ですが、やはりこの馬は成長していくに連れて距離が持たなくなっていくのかもしれません。スプリントに出走していた姉ほどでは無いにしても、ダービーでも最後は脚が鈍っていたように2400は長いかもしれません。

サウジアラビアロイヤルカップ

いちょうステークスでしたが去年からレース名が変更されました。ぱっとみで注目しているのはクライムメジャーでしょうか。兄にサトノノブレスヒカルオオゾラがいるので結構走る血統ですし、新馬戦の内容も良かったと思います。スタートを決められて好位を取ってしっかり最後の抜け出すという基本的な競馬ですが、この時期に当たり前のようにそれが出来るといことが凄いのです。センスの良さと成長の余地の大きさから少し抜けた存在かもしれません。後はルーラーシップ産駆で東京が合うダンビュライトは今後に向けて見て置きたい馬だと思います。

毎日王冠

良い馬が揃ってはいるのですが、今年はちょっと小粒に感じてしまいます。ウオッカダイワメジャーエイシンヒカリなどの大物G1馬になどの印象が強いせいなのでしょうが。一番注目しておきたいのはやはりルージュバックでしょう。前走のエプソムカップの勝ち方は久しぶりにこの馬のスケールの大きさを感じさせるものでしたし、順調なら先々楽しみです。同じ4歳でアンビシャスとリアルスティールもここから始動するのでこちらも注目です。2頭とも前走であっさり負けてしまっているので何となく大物感が薄れてしまっていますが巻き返せるかしっかり見たいと思います。ただ、毎日王冠というのはあくまでもステップレースでしかないので穴馬の入り込む余地が大きいです。過去にはエアソミュール、サンレイレーザー、ジャスタウェイ、チョウサンなど夏場を使ってきた馬が好走したり、ネヴァブションハイアーゲームなど7歳以上も好走しているのでロサギガンティアとロンギングダンサーはちょっと面白そうかもしれません。

京都大賞典

こちらは例年通りのメンバー構成といった感じです。キタサンブラックラブリーデイがいますがもしかしたら荒れるかもしれません。ヒットザターゲットやメイショウカンパクが勝っている様に、開幕週でも京都大賞典は基本的に追い込みのレースです。ファストタテヤマアドマイヤモナークスマートギアなども連対しているように相当後ろからでも意外に追い込みが効きます。ゴールドシップジャパンカップ目標でこのレースで負けた様に、やはりステップレースには落とし穴があるものです。キタサンブラック天皇賞(秋)に出るかどうかは分かりませんがどうやら目標は先のようですし、ラブリーデイには去年の勢いはありません。大外強襲ならヒットザターゲットラストインパクトは人気が落ちるので面白いと思っています。内枠で脚を溜められるならアドマイヤデウスも良いかもしれません。