競馬予想ブログ

オリジナル指数で中央競馬・地方競馬の予想をしているブログです。穴馬探しにお役立て下さい。

最近の高額的中
2017/7/23函館12R潮騒特別3連単16万6180円
2017/7/16函館11R函館記念3連単91万5320円
2017/7/16函館1R3連単14万530円
2017/6/25函館11RUHB杯3連単42万6680円
2017/6/25函館10R奥尻特別3連単27万5500円
2017/6/22船橋10Rパール賞3連単28万7750円
2017/6/4阪神3R3連単11万1070円
2017/5/14新潟1R3連単15万6270円
2017/5/13新潟12R石打特別3連単11万5470円

【サウジアラビアロイヤルカップ】明日は全休日です【2016予想】

前の記事にも書きましたが先週は大敗しました。金額は11万ほどなのですがもっともショックだったのは予想したレースがことごとく外れてしまったことです。凱旋門賞を含めて13レース予想しましたがシリウスステークス以外全敗でした。精度が上向くまで細々とやっていくしかありません。ですので今週はほとんど見学です。

愛宕特別

本命はスワーヴカイザー。結構前に降級して以来すっかり馴染んでしまっているのでそんな気がしないのですが、一応格上の馬です。京都ダートは2-0-2-3と相性が良いですし、さらに1900に限れば1-0-1-1かつ去年の1月にこのクラスを勝ち上がった得意の条件になります。一走使ったことで状態は良くなるでしょうし期待できると思います。

対抗はマルカウォーレン。この馬も降級馬で格上です。大事に使われているのか問題があるのか詳しく知りませんが、頻繁に4ヶ月以上の休養を挟んでいます。成績も叩き良化型の様で休み明けは良くありませんし京都ダートも1-0-0-1と良積はありませんが、それだけに人気にもならないので狙ってみたいです。

単穴はサハラファイター。前走の鳳雛ステークスではキョウエイギアに押し切られ負けましたが、上がり最速で追い詰めるなど競馬内容は勝ち馬に劣らないものです。将来性はありますし現状でもこのクラスの実力上位なので好勝負ができると見ています。

以下はオールマンリバー、コンセギール、マイネルヴォルソー。上位の実力が拮抗して見えるのでオッズは分散しそうですが荒れるレースでは無さそうです。

山中湖特別

本命はラインハーディ。前走も重い印にしたのですがスローペースのせいで差しが決まらず負けてしまいました。それでも0.2秒差と僅差かつ上がり最速33.8秒が出せているので競馬の内容自体は良いです。休養明け3戦目で好調なので広いコースで終いの生きる東京で巻き返せると思います。

対抗はバンゴール。3走前の混合戦の石和特別でこのクラスを勝ちあがっている格上ですし、適度な間隔を空けながらレースを使っているので疲労もなさそうなので不安点は特に無いです。

単穴はスマイルシャワー。前走の三面川特別は4着にまけはしましたがバンゴールと差の無い結果なのでよく走れたもと評価しています。前走同様に前で上手く運べれば好勝負が出来るはずなので面白い存在だと思います。

以下は、デルフィーノ、クイーンズミラーグロ、スマートルピナス。最近は開幕週でも差しが決まる展開が比較的多くなってきていますが先行が駄目なわけではないので、後ろからの競馬が多いこのメンバーなら人気薄の前残りが面白いかもしれません。

久多特別

本命はピンストライプ。前走の瀬戸内海特別は最後に刺されて負けはしたものの、前半3ハロン32.8秒のハイペースを2番手追走で粘りきったので能力は相当なものです。芝ダート両方含めて3勝していますが全て京都競馬場で挙げた勝ち星です。既に1600万下で連対しているように格上ですし、コース相性が良く開幕で先行が踏ん張りの効く馬場、叩き3走目と条件は揃っています。

対抗はキアロスクーロ。休み明けを使われたことで馬の状態が良くなり前走の瀬戸内海特別で3着と強いメンバーの中でも好走出来たのでこのクラスに目途がついたように見えます。ここ3戦は差す競馬をしていますが最初は前で競馬をしていたので行く気になれば前でもレース運びが出来るので開幕週でも良いレースができると思います。前走からさらに上積みが期待できそうなので勝ち負けになりそうです。

単穴はグレイスミノル。去年からずっと使われてきていますが変わらず元気なようです。最近は競馬もしっかりしてきて昇級後も力負けすることなく頑張っています。今回は相手が強くなるのでこれまでと同じとはいかないでしょうが上位争いが出来ると見ています。

以下は、マテンロウハピネス、ダノンシーザー、ビナイーグル。

本栖湖特別

本命はヴェラヴァルスター。3歳時は青葉賞レーヴミストラルやタンタアレグリアと競って3着になるほどの実力の持ち主です。このクラスでしばらく足踏みをしていますが前走の勝ち方が成長を感じさせる内容なので期待します。

対抗はサブライムカイザー。4月に勝ち上がって降級後2戦していますが全く良いところが無く不調であることが成績からは見て取れます。前走から2ヶ月ほどレース間隔を空けているので状態が上がってきていることに期待したいと思います。

単穴はマイネルカレッツァ。2走前に昇級初戦で青嵐賞で4着に好走した後、降級して直ぐに勝利しているようにかなりの力を持っています。東京も3-1-4-1で5着以下の無い成績でコース適正は非常に高いです。サブライムカイザーが57kgを背負ってくれている今回は55kgで走れるのでチャンスは有ると思っています。

以下、ステイブラヴィッシモ、スパーブデイ、リノリオ。2008年のダイシンプランから、ヒカルマイステージ、ラヴェルソナタコスモヘレノスまで3歳が4連勝した後、マイネルマーク、シャドウバンガード、アルバートと4歳が3連勝中となっているとおり、今年も同様だと見ています。

平城京ステークス

 本命はタムロミラクル。小倉の2走は着順こそ良いもののレース内容はあまり良くないのでどこまで信頼して良いのかは未知数です。涼しくなってきたので多少なりとも状態が上がってくれば今回のメンバーでも勝負が出来ると思っています。

対抗はアドマイヤシャイ。降級後に2戦して順当に再昇級を果たしているので、休養明け3走目になる今回はさらに状態が良くなってきるはずです。上手く自分のペースでレースを進められれば少々強いメンバーが集まっていますが結果は出ると見ています。

単穴はトップディーボ。今回が降級初戦になります。重賞の2走はアウォーディーアスカノロマンを相手に1秒差なので良い内容です。京都コースは3-3-0-2と得意としていますし、オープン特別でも2着があるように力は上のクラスなのですが休み明けの分割り引いて評価します。

以下、モズライジン、アルタイル、タイガークラウン。モズライジンが一番強いと思いますがどうもこの馬の過密なレース日程が好きになれないので評価は落としています。

サウジアラビアロイヤルカップ

 本命はダンビュライト。不良馬場を外から差してきたので2着と着差はついていますが実力はまだ良く分からない部分があります。稽古の動きは良いですし、今週は毎日王冠出走のアンビシャスと併せるなど陣営の期待も高そうです。ルーラーシップ産駆は広いコースの東京はもってこいの舞台ですしこの馬から買ってみたいと思います。

対抗はブレスジャーニー。新馬戦で上がり平均34.4秒の中、この馬は32.9秒の脚で追い込んでくるなど素質は高そうです。未勝利を勝ち早くから目標をここに置いていた様で順調に来ていそうです。

単穴はクライムメジャー。新馬でレースセンスがあるところを見せつけ快勝しています。スタートを決めて前に位置をとり直線で外に持ち出ししっかりと脚を使い余力を持ってゴールする2歳とは思えないほど綺麗な競馬だったと思います。半兄にヒカルオオゾラサトノノブレスがいる血統で将来性もありそうですし、ダイワメジャーの産駆は早くから活躍するので上位争いは必至です。

以下はロジムーン、ウインドライジズ、バリンジャー。連闘のサクセスムーンとシャイニードライヴは人気になりそうも無いので実質は7頭立てかもしれません。

馬券の買い方

上に書きましたが土曜は買うのをお休みします。重賞は買おうかと考えていましたが、サクセスムーンとシャイニードライヴは人気をする理由が無いので実質7頭立てのレースの為、払戻しが期待できそうも無いので諦める事にします。