競馬予想ブログ

オリジナル指数で中央競馬・地方競馬の予想をしているブログです。穴馬探しにお役立て下さい。

最近の高額的中
2017/7/23函館12R潮騒特別3連単16万6180円
2017/7/16函館11R函館記念3連単91万5320円
2017/7/16函館1R3連単14万530円
2017/6/25函館11RUHB杯3連単42万6680円
2017/6/25函館10R奥尻特別3連単27万5500円
2017/6/22船橋10Rパール賞3連単28万7750円
2017/6/4阪神3R3連単11万1070円
2017/5/14新潟1R3連単15万6270円
2017/5/13新潟12R石打特別3連単11万5470円

【毎日王冠】当たらない日々が長いと心が折れる【2016予想】

まずは土曜の結果から。と言っても予想をしただけで馬券は購入していないので自分用です。やはり全く当たりません。強いて言うならメインレースは買い方次第で的中しそうですが人気上位での決着なので勝ってもそこまでの勝にはつながらなず、それ以外の特別レースはほぼハズレなので計算上回収率は50%割れとなっていました。

りんどう賞

本命はメイショウカリン。新馬は調教代わりに回ってくるだけのレースだった様でカウントしなくても良いと思います。実質的なデビュー戦だった前走で前半33.1秒の2歳としてはかなり早いペースを前目からの競馬で押し切っているので内容は良いと思っています。人気にならないタイプなので買いやすいですし、京都の馬場なら1400でもぎりぎりこなせるはずなので良いと思っています。

対抗はヴィーナスフローラ。新馬の勝ちタイム1分31秒1は今年札幌1500で行われた新馬の最速タイムですし、馬場の差がありますが翌週に行われたオープンのクローバー賞の1分31秒4と近いタイムとなっているので評価できると思います。

単穴はアズールムーン。未勝利の勝ちタイム1分21秒2は今年の夏の新潟開催の1400メートル2歳戦の最速タイムとなっています。この条件を1分21秒5で勝ったディバインコードが既に2勝目を挙げているので、タイムの比較では500万下なら上位の存在だと考えても良いと思います。控える形になりそうですが期待できると見ています。

以下はヤマカツグレース、ラソ、ナムラライラ。このレースはファンタージーステークスの前哨戦として注目しておきたいと思っていますが、レースを見たことが無い馬ばかりですし、成績を見る限りでは今後に期待という存在は見つからないので混戦だと考えています。

六社特別

本命はヒーズインラブ。まだ4戦しかしていませんがかなり強い馬かもしれません。4戦して着差が0.1秒以上負けた事がありませんし、きさらぎ賞サトノダイヤモンドには負けたものの2着と力を見せた重賞好走馬のレプランシュとも互角と言って良い競馬が出来ています。しかも、前走が開催2週目でまだ前残りのレースが多い中、平均ペースで前が止まらない展開で最後方から追い込みで勝ちきる圧巻の内容です。今回は初の東京、1000万下でも上位のメンバーが相手となりますがどんなレースをしてくれるのか楽しみです。

対抗はチョコレートバイン。外房特別では最後に脚が余ってしまい逃げ馬を捕まえることが出来ませんでしたが、馬の状態は引き続き良さそうで叩き3走目で間隔を詰めて出走するからには勝ちに来ているはずです。競馬に幅が無いので後方一辺倒ですがしっかりとした脚があるので勝ち負けになるはずです。

単穴はビップライブラリー。この馬も3歳馬で5戦しかしていませんが素質が高そうです。2戦目で重賞挑戦となったアーリントンカップではレインボーラインダンツプリウスに遅れることなく終い3ハロン同タイムの34秒6、着差0秒2と最高の内容です。休養明だった前走では開幕初日の阪神で後方から一気の脚で2着を突き放す圧勝、かつタイム1分32秒5の好タイムを出すなど、かなりの成長を見せています。2走ボケに注意が必要ですが期待しています。

以下はダイワスキャンプ、ルナプロスペクター、ロイカバード。3歳で掲示板の独占が出来ても不思議は無いかもしれません。

清滝特別

本命はヒルノマゼラン。こういってしまうと悪いのでしょうが、上手く負けてきたおかげでハンデを1kgおまけしてもらえているようです。アーリントンカップでも0.1秒しか負けておらず、前走の神戸新聞杯は完全に叩き台なので今回が勝負だとみています。

対抗はウェスタールンド。降級後に2戦していますが前走は馬場が悪かったので多少見直しの余地はあると思います。春先の1600万下でのレースで2走続けて5着になるほど力はあるので、叩き3走目で持ち味の切れを生かせる京都1800なら上位争いになると思っています。

単穴はルナーランダー。3歳でダートでデビュー後、現在までに芝で4戦して2勝を挙げています。ただ、競馬の内容は特に評価する点が無いのに勝ち上がってきているので運がいいのでしょうか。このクラスで即通用するとは思っていませんが斤量が軽いので開幕週の馬場を上手く生かせれば前で残ることもありそうなのでチェックはしておこうと思います。

以下はアグネスミニッツ、ブレイクザポケット、ノーブルマーズ。ハンデ戦にも関わらずハンデ差がほとんど無いので難解なレースになっています。WIN5だとここが一つ目の山場になりそうですが・・・。

テレビ静岡

本命はサウススターマン。前走は得意の阪神でのレースだったので勝っておきたいところだったはずです。そのままこのレースへの出走に踏み切ってきましたが、間隔を詰めて使ってきた時は成績が落ちるので注意が必要かもしれません。ただ、相手もそこまで強くないので今回までなら期待しても大丈夫な気がします。

対抗はプレスティージオ。快勝と負けしかない両極端な成績ですが、6戦3勝なので恐らくは強いのでしょう。まだ、馬がしっかりしていない様なのでレース間隔が詰まるよりは空けながらの方が良いのかもしれないので、人気を背負ってくれる馬がいる今回は買いやすいです。

単穴はラストダンサー。全4勝のうち3勝を上げているので東京が得意なようです。ただ、3勝全てが1600なので1400というのはベストの条件ではありませんが、人気が無さそうなので買い目に入れてみようと思います。

以下はブラインドサイド、ヴァーノン、メイショウカノン。安定感のないメンバーなので難しいレースです。

オパールステークス

本命はアクティブミノル。このメンバーとこの馬の実績から見れば斤量57kgはらくだと思います。同型が多いので競馬の位置取りが鍵になりそうですが、一応スプリンターズステークスに登録していたので馬体は仕上がっているでしょうし地力でなんとかなるかもしれません。

対抗はアットウィル。オープン昇級からすでに3走をこなしていますが競馬の内容は良いと思います。バーデンバーデンカップは一見悪そうに見えますがメンバーは北九州記念の上位を相手にしてのものですし、セントウルステークスビッグアーサーについて行けたことも評価できます。体調の変動が少なく安定して力を出せますし、真面目で常に最後までしっかり走っているのでいずれ結果がついてくると思います。

単穴はセカンドテーブル。前走はシュウジなどスタートが早いタイプがいたりしたので最初から無理をしないようにしていたのだと思います。休み明け3走目で状態のほうも良さそうですし京都は得意そうなので良い走りが出来そうです。

以下はジャストドゥイング、アンナミルト、ナックビーナス。

毎日王冠

本命はディサイファ。東京1800は3-1-1-2と最も相性が良い条件です。目標が先なのでまだ馬体に緩い部分はあるでしょうが、このレースに出てくる以上は他の馬も仕上がりに関しては同様でしょう。7歳秋になり衰えが一気に来そうな時期ですが本番よりはこちらで買いたい馬なのでここから買うことにします。

対抗はステファノス。実力はG2以上G1未満の印象です。ただ、半年ぶりで状態が不安視されていた鳴尾記念よりは今回の方が順調に来ているかもしれません。去年の毎日王冠よりも相手が随分楽になるので勝ち負けになると思います。

単穴はルージュバック。去年は色々問題が出て出走を予定していたレースを回避することが多くて上手くいかなかった訳ですが、今年はここまで順調にきていると思います。前走のエプソムカップは得意とする瞬発力の勝負だったとは言え、中山記念で4歳3頭に次ぐ4着だったフルーキーを子ども扱いする走りは良かった頃のこの馬が復活したと言って良いはずです。毎日王冠はステップレースのため全力勝負ではなく後半の勝負になりやすいレースであること、逃げるのが相性の良いマイネルミラノであることを考えると今回も好走の可能性が高そうです。印は中距離の牡馬G1級との力差を見極めたいので落としています。

以下はアンビシャス、クラレントロゴタイプ。一番嫌なのはマイネルミラノがスローで逃げているのに誰も追いかけずウインフルブルームが直線で楽に交わして残るパターンです。

馬券の買い方

昨日の結果を考慮するとまだ的中には程遠い状態なのでメインレース以外は買いません。オパールステークスは3連複1頭軸でアクティブミノルから10点を100円で遊び買いで様子を見ます。毎日王冠3連単フォーメーションで1着に◎○▲、2着と3着に◎○▲△の60点×100円と馬連ボックス15点×300円にします。合計1万1500円しか買いません。早く当たりの切っ掛けを掴みたい・・・。